カテゴリ
全体
日常
お客様からの声
牡蠣の話
営業雑記
スタッフプロフィール
年次講演会
新商品
井上敬先生
モアウェル式ダイエット健康法
無料サンプル提供
未分類
以前の記事
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月


<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんな画像が・・・・

昔撮った画像がありました。アップ致します。

データ画像
[PR]
by kyoto_morewell | 2005-11-25 16:25 | 牡蠣の話

雑誌に・・・

愛知医学大学名誉教授 柴田幸雄

第二は視神経を強めるアミノ酸「タウリン」で、緑内障の視野の欠けや夜盲症によく効く
眼圧が高まると視神経が傷む
緑内障の治療では、眼圧(目の中の圧力)を下げるための目薬や内服液を用います。それでも効果のない場合は、手術が行われます。しかし、手術を受けたからといって必ずしも視力が回復するとは限りません。緑内障は、現代医学でも根治することが難しい目の難病といえます。まず、緑内障の起こるしくみを詳しく説明しましょう。
私達の目の中は房水という液体で満たされています。この房水は絶えず循環していて水晶体や角膜などに栄養を与えています。房水は、目にとって血液ともいえます。
健康な人の場合、目の中で循環する房水の量はいつも同じです。そのため、眼圧は常に一定に保たれます。ところが、なんらかの原因で房水の循環が滞ると、目の中に房水がたまるり、眼圧が上昇すると、外から入ってきた光が、網膜に正しく伝わらなくなります。つまり、焦点が合わなくなるのです。網膜とは、目の最も奥にあって映像を映し出す、カメラでいえばフィルムに当たる視神経の集まりです。
さらに、眼圧が高くなると指針家が圧迫を受けて萎縮し、視力低下や視野が欠けるといった障害が生じます。眼圧が21ミリを超えると緑内障が疑われ、差にあくの場合は失明することもあります。
ランキングに参加しています




□ものすご為になります。続きをどうぞ
[PR]
by kyoto_morewell | 2005-11-01 11:14 | 牡蠣の話




営業マンMの語り
by kyoto_morewell
ご紹介
牡蠣肉エキス粒通販サイト


ランキングに参加しています



王になります



ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧