カテゴリ
全体
日常
お客様からの声
牡蠣の話
営業雑記
スタッフプロフィール
年次講演会
新商品
井上敬先生
モアウェル式ダイエット健康法
無料サンプル提供
未分類
以前の記事
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月


お勧め健康方程式1

モアウエル式ダイエット健康法

野菜ジュースとモアカキスター

食生活
①寝起き、就寝前にコップ1杯の水
②朝の野菜ジュース
③昼のみ炭水化物(米飯、パン) 揚げ物は避けよう
④夜は大豆食を中心にする。

食事スタイルの変更
食事3回→ジュース朝食の2回の食事にする

運動     
72時間理論(運動効果持続理論)週150分の運動
2日に一回、又は3日に一回

食事と運動で身体のリズムを整え食事で不足する栄養素をサプリメントで補う(モアカキスター)ダイエット(20歳代のスリムな体重)
(※^-^※)
  

※余談
歯の健康(年2回の定期検診)
寝起き、就寝前の歯磨き 

(但し、糖尿病の方はこの健康法を使用しないで下さい。専門の主治医と相談後、使用するか判断下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モアウエル式ダイエット健康法

食事の注意
 朝食の替りに          
  コップ1杯の水
  野菜ジュース
  カキ肉エキス(モアカキスター)

 昼は、炭水化物(ご飯やパンなど)でエネルギー摂取。肥満の方は特にカツやてんぷらなど油脂分の多い食品は控えましょう。 夜は、炭水化物を摂らずに豆腐や納豆などの大豆が主食。
就寝前に  またコップ1杯の水を飲みましょう。
  
肝腎かなめの話
  肝臓は、体の「総合工場」で、主な働きは、下記の通りです。
 肝機能が低下すると脂肪の蓄積、血流低下もおこり、また、解毒作用が弱くなると、疲れやすくなるだけでなく、美容にも大敵です。
・ 栄養分の貯蔵・代謝
・ 各種成分の体内合成・分解
・ 解毒・老廃物処理
 エネルギー摂取が多すぎると、肝臓で処理不能になり、ドロドロ血液になりがちで、また、必要な栄養素が相対的に不足します。現代人に不足がちな栄養成分・肝臓にいい成分(タウリン、メチオニンなど含硫アミノ酸や亜鉛など抗酸化ミネラルを含む)をサプリメント(カキ肉エキス)で補いましょう。ドロドロ血液は万病の元、サラサラ血液でガンの防止とダイエット!! 

運動は?
基礎代謝量は加齢とともに低下します。 適正な食事量にしましょう!
 ご飯一杯分のエネルギーは、おおよそ2kmのランニングに相当します。
 72時間以内に再度運動したほうが、運動効果が持続します(72時間運動効果持続理論)
 毎日、激しい運動を行うと、疲労が蓄積し逆効果!!
少しずつでOKですが、72時間以内に、1週間で合計150分程度の運動を!!

 20歳代のスリム時の体重より重い方、継続的に運動をするのが理想ですが、なかなか出来ません。
朝食を野菜ジュース1杯と水1杯に、夕食のご飯を豆腐や納豆などの大豆食品に変えましょう。 20歳代の体型をめざしましょう。

1日2回の食事について 
  石原結実博士 (石原慎太郎東京都知事、田中康夫長野県知事、評論家竹村健一氏らの主治医)、井上敬医師が提唱されています。
参考図書
石原結実著:「半断食健康法」、「ガンにならない血液をつくる 自己治癒力を高める食事と生活」石原先生ホームページ 
井上敬著:「健康方程式」「健康方程式」
モアウェル式ダイエット健康法1
[PR]
by kyoto_morewell | 2005-09-09 10:16 | モアウェル式ダイエット健康法
<< 牡蠣肉エキス粒サンプル提供!! 8月30日 >>