カテゴリ
全体
日常
お客様からの声
牡蠣の話
営業雑記
スタッフプロフィール
年次講演会
新商品
井上敬先生
モアウェル式ダイエット健康法
無料サンプル提供
未分類
以前の記事
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月


マグネシウムの話

マグ男とカル子

マグネシウムはカルシウムの働きを助ける役割を持ち、そのバランスはカルシウム2に対してマグネシウム1が理想的とされています。
カルシウムの沈着以外にも腎臓結石、胆石を防ぎ、カルシウムとの組み合わせで精神安定剤としても働きます。その他、ビタミンC・リン・ナトリウム・カリウム等多くのミネラル成分の代謝にも重要な栄養素です。
マグネシウムは抗ストレスのミネラルとして知られていますが、循環系の健康を増進させ、心臓発作を予防し、消化不良も緩和すると言われています。
かつての日本食は比較的マグネシウムを摂取しやすいものであったが、食事の欧米化・インスタント化によって高蛋白・高脂肪の食事が増えマグネシウムは今まで以上に必要になってるにもかかわらず、実際の摂取量は落ちています。



骨と言えば「カルシウム」その代表として「牛乳」があげられますが、合成のビタミンDが添加されているミルクは人体からマグネシウムを奪ってしまいます。牛乳の飲み過ぎや、リン(肉・肉加工食品に多く含まれる) を多く含む食品の過剰摂取もマグネシウムの吸収を妨げます。アルコールの飲み過ぎにも注意しなければなりません。

血液中のコレステロール値の高い人は尿からマグネシウムが排泄されます。
他にカラダからマグネシウムを失わせるものに、血圧を下げるために使用される利尿剤があります。これはナトリウムを排泄するために処方されますがナトリウムと一緒にカリウム・マグネシウムまで排泄してしまいます。医師は利尿剤と一緒にカリウムを補給することはありますがマグネシウムはほとんどの場合補給されません。したがって一時的に血圧は下がっても、血圧を上げていた原因は全く改善されていないといえます。
症状を抑えるだけの薬品療法では、疾患の原因は全然解決されず、薬品の量はどんどん増えていきます。疾患の原因解決に直接アプローチすることが、薬品と栄養素との決定的な違いなのです。

血圧を下げたい人に本当に必要なのは、対処療法としての「薬品」ではなく、カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムの4種類のミネラルをバランス良く摂取できる食生活です。

ヒジキはカルシウムの含有に優れているだけではなく、マグネシウムを非常にバランスよく含んでいる食品なのです。

さらにマグネシウムって?

ミネラルの中でもカルシウム・ナトリウム・カリウム等は食品や
栄養補助食品から比較的容易に摂取することができますが、
マグネシウムはなかなかその必要量を摂取する事ができませ
ん。成人に必要な摂取量は約300mgですが、現代人の平均
摂取量は食生活の問題からそれよりも約100mgも足りませ
ん。この問題を解決してくれるのがマグネシウムが豊富に含ま
れている海のミネラルたっぷりな「海洋深層水・天海の水」です。

・マグネシウムの体内分布

マグネシウムは成人体内に約25g存在します。このうち2/3は骨組織にあります。残りが、筋肉やその他の細胞に含まれています。

・マグネシウムの働き・必要性

体内でエネルギーが作られたりする酵素の働きに関わっていて、多くの酵素の働きを助ける補酵素として働いています。また、筋肉の収縮や神経機能の維持にも重要な働きをします。以前は不足することなく、あまり重要視されいなかったのですが、近年マグネシウムの慢性的な不足が虚血性心疾患の発症と関係があるとの報告もありました。

また、動脈硬化を予防・治療するという点から見た場合、マグネシウムは最も重要なミネラルです。このミネラルがたくさん含まれている硬水を飲んでいる地域には、脳卒中や心臓病が少ないという研究は昔からありましたが、最近まで一部の栄養学者や栄養療法の医師以外はあまり注目していませんでした。しかし、1980年代に入ると、マグネシウムと高血圧の関係・脂質代謝の関係が指摘され、循環器病の領域にもマグネシウムの時代がやってきました。

マグネシウムは生体エネルギーの貯蔵器であるATP(アデノシン3リン酸)と呼ばれる物質の産生など、300以上の化学反応に関係しています。このために、マグネシウムの欠乏は多彩な症状を引き起こします。

・マグネシウムが不足すると

高血圧・疲労感・めまい・食欲不振・筋力の低下・不整脈・神経過敏・発刊過剰・不安、興奮等の症状がでるといわれています。また、マグネシウムが欠乏するのに伴って「カルシウムの代謝」が乱れ、そのカルシウムが血管や内臓等の軟組織に沈着し続けて、「動脈硬化症・腎結石」を引き起こします。また、血中サブスタンス-P濃度の増加に始まる、マクロファージ遊走因子の放出が異常に起り(白血球増加)、局所的に活性酸素濃度が上がる事が挙げられます。身近な所では、白血球増加によりアレルギー特に皮膚炎(アトピー性皮膚炎)発症を引き起こします。

・マグネシウムの効果

1:便秘を軽くする
2:尿路結石の再発を予防する
3:血管を広げて血液循環をよくする
4:神経を鎮静化し、集中力を増加させる
5:糖尿病の人のインスリン分泌を改善させる
6:悪玉コレステロールと中性脂肪を低下させ、善玉コレステロールを増加させる
7:血圧を低下させる
8:血小板が固まりすぎるのを防ぐ
9:カリウムと協力して、心臓のリズムを整える
10:白血球の増加を押さえる

・マグネシウム使用の際に注意すべき人

1:腎機能の低下している人
2:房室ブッロク等の心臓の伝動障害のある人
3:抗凝固剤を使用中の人
4:テトラサイクリン系の抗生物質を服用している人

参考文献:インターネットから引用
[PR]
by kyoto_morewell | 2005-06-22 18:19 | 牡蠣の話
<< 平成17年10月25日決定 グリコーゲンの話 >>