カテゴリ
全体
日常
お客様からの声
牡蠣の話
営業雑記
スタッフプロフィール
年次講演会
新商品
井上敬先生
モアウェル式ダイエット健康法
無料サンプル提供
未分類
以前の記事
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月


タウリンの話

タウリンとは・・・・

血圧やコレステロール、血糖値が高い方、または肝臓が疲れていたり、身体がむくんだり、息切れするといった健康上に不安を抱えている方におすすめ。
タウリンはアミノ酸の一種で、心臓や肝臓などの臓器、脳、眼の網膜などに高い濃度で含まれています。
タウリンには、私たちの身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用があります。たとえば、血圧が高いと下げ、肝臓の働きが鈍っていると高めます。また、うっ血によるむくみ、息切れを改善します。



【血圧を下げる働き】

タウリンは、交感神経を抑制します。交感神経は刺激を受けると、心拍の動きを速め、血管を収縮させます。血液量が増えて血管が縮まるので、血圧が上昇します。
交感神経は、腎臓にも作用します。腎臓は、身体から塩分と水分を取り除くことで血液量を減らし、血圧の上昇を抑えます。交感神経は、腎臓のこうした働きを抑制します。このことも、血圧の上昇につながります。
交感神経を抑制するタウリンは、塩分の摂り過ぎによる高血圧の改善にはとくに有効です。


【肝臓の機能を高める3つの働き】

1. 肝臓の働きを助ける胆汁酸の分泌を盛んにすること。
2. 肝細胞の再生を促進させること。
3. 細胞膜を安定化すること。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。
タウリンによって胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロール値も下がります。
ラットを使った実験で、この効果が確認されています。ラットに高コレステロールのエサを与えると、血液中のコレステロール値が上昇していきます。ところが、エサの中に1%のタウリンを混ぜて与えると、コレステロールの増加が抑えられるという結果が出ました。

タウリンにはインスリンの分泌を促す作用もあるので、糖尿病の予防にも効果を発揮します。

また、タウリンは、筋肉の収縮力を強める作用により、うっ血による身体のむくみや動悸、息切れといった症状を改善します。心臓の筋肉が収縮する動きが高まると、送り出される血液量が増えるからです。

タウリンは、牡蛎やホタテといった貝類や、マグロの血合い部分、たこなどの魚介類に多く含まれています。タウリンは、身体が必要とする量の5%程度しか体内で合成できないので、こうした食べ物や健康食品から充分に摂取する必要があります。

http://www.kenko.com/product/seibun/sei_841001_D.html より。
[PR]
by kyoto_morewell | 2005-06-20 18:56 | 牡蠣の話
<< グリコーゲンの話 亜鉛の話 >>